「人生という劇場のために毎日着飾るのよ」

 

映画『アドバンストスタイル』の中の、お洒落なNYマダムの言葉。

 

 

日本で高齢の方に、ちょっと明るめのお洋服を提案した時の反応の多くは、こういった言葉で返ってきます。

 

 

「もう歳だから」

「おばあちゃん(おじいちゃん)だから地味にしてた方がいいのよ」

「今さら恥ずかしい」

 

 

日本の高齢者の方々の服装に関する言葉は、和を尊重する国民性か、ファッションは自分の為でなく、

他人様からどう見られるか 世間から浮かないか などの外から見られる事に重きを置いている事がわかります。

 

 

『アドバンストスタイル』は、60歳以上の自由でお洒落なマダムの写真が評判になり、ブログ→写真集→映画 と展開。メディアにも取り上げられ今や社会現象です。(椿図書にもございますので是非)

images-1

右がアドバンストスタイル。(左は同じテーマで日本で撮られた写真集。)

 

南国の鳥のような派手な色使い へんてこりんな帽子 大振りすぎるアクセサリーをジャラジャーラと重ねた

かなーりハイセンスな方々ばかりが登場します。

 

 

images-2

これらを真似るということでは決してなく。

もともとパワフルな方々なのでしょうが、ファッションから得ている更なるパワーといいましょうか。

ちなみに右上の鳥のような方、94歳。

皆さんの表情、ものすごく前向きで素敵。

人目なんて気にせず自由に個性を表現する 着たいものを着る お洒落を楽しむあくまでポジティブなエネルギー。

 

 

全員色を着ましょう! 派手にしましょう! という事ではないです。

黒やグレーがお好きな方もいらっしゃる。

ただ、色には確実に人を元気にする力があります。

 

普段化粧をしない方が、口紅一本で心が前向きに元気になります。

短く切った爪にネイルをしてさしあげると、嬉しそうな表情で何度も手先を見られます。

ボサボサの髪で日常過ごしている方に、ブローで整えたりコテで巻いたりして差し上げると、鏡を覗き込むお顔が格段に明るくなります。

「ちょっと町に出掛けなあかん」と嬉しそうにおっしゃいます。

心がくっと上向きになる瞬間。

 

NYマダムは『着飾る』と言っていますが、派手にゴテゴテと という事ではなく、

身だしなみに心を配ることは、毎日を元気に過ごすための一つの手段。

体温を一度上げると免疫力が30%上がる というのと似た作用が起こる。

 

寝巻きのまま過ごすのでなく

起きたら顔を洗う

髪を整える

着替える

 

身なりが整うと、ちょっと外に出ようかという気になる。

 

気分を上げる。

活動的になる。

自分で自分の機嫌をとる。

 

 

むー

 

 

本当に、人生どう楽しむかは、自分にかかってますね。

 

自分で出来ない という方には、椿ビューティー倶楽部が喜んでお手伝いさせて頂きます。

人生のスパイスに椿ビューティー倶楽部。

 

今月はお待ちかね、資生堂さんによる『いきいき美容教室』がございますが、

ファッションにも目を向けた企画がございますんですよ。

楽しみ!

また改めてお知らせしますね。

 

 

Harper-s-BAZAAR_rect294_310

チャーミング!