「椿さんて 何だかいろんな外の先生が来はる所やなあ〜」

って もしかして思ってらっしゃ方がおられるかもしれません。

 

社長の方針で『カルチャースクールのように様々なコンテンツが選べるデイに』という事が主だった理由。

それにはまだまだ及びませんが…

『選択する楽しさ』って有りますよね。

女性は特に「選べる」「たくさん種類がある状態」に弱いもの。

ワンプレートにおかずが 彩り良く 少しずつ 何種も盛られた幸せ

可愛いデザートが盛りだくさんの ワゴンがやってくる幸せ 選ぶ楽しみ

 

あら 例えが食べ物ばっかりですが、お洋服だってなんだって。

女性の方が長生きな理由、生物学的な事実以外にもありそうです。

 

 

デイサービスは要支援 要介護 様々な方が利用をされます。

特にお元気な方 ご家族様には 見学の際や初めの方に必ず「こちらのデイサービスではどんな事が出来るの?」「何をさせて貰えるの?」と聞かれます。

もちろんご本人様から

「手芸がしたい」

「将棋がしたい」、

ご家族様から

「妻は写経が趣味なのでやらせて欲しい」

「父は大工仕事が好きだから 庭で好きなようにさせて欲しい」

など 要望を頂く事もあります。

でもそればっかり1日して頂くわけには行かず。

せっかく椿に来てくださるご縁を頂いたわけですから、

ずっとお元気でいて頂くために。

脳活

メンタルの充実

様々なアプローチ

楽しみを提供できる場

常に進化し続ける場であることの必要性。

椿としてはどんなハコでも中身の『人』=『staff』が一番重要だと思っていますが、一般的には まずは具体的に《デイサービスとして》「これとこれとこれが出来ます」と提示が必要になる。

staffの質 は実際に接していく中で『感じる』モノ。

言葉じゃないんです。(と言いながら手前味噌連発してますが)

 

他にも重要な事実。

高齢になると「自分が何を求めているのかが分からなくなる」

 

利用者様にも趣味 趣向 その方の状態 含め 様々な方がおられます。

でも、年を重ねていくと「自分の欲求が分からない」「思い出せない」

私たちもレストランのメニュー表で メニューの文字だけ見るよりは 料理の写真を見て「美味しそう!」「これ食べたい!」と思う。

人は目からの情報で判断することが圧倒的に多いのです。

手持ちのカードがたくさんあれば たくさんの方のニーズにお応えできる。コンテンツの写真をたくさん提示することで「なんだか楽しそうね」と感じていただける。

そして実際にいろいろな事を体験して頂く中で「あ 私 これ 好きだわ」「これ 心地がいい」「もっとやりたい」と フォーカスがあう瞬間 上がる瞬間 ピントが合うものが増える。

昔 好きだった事を思い出しやる気が再燃したり、新たな趣味が見つかったり だって あるかもしれません。

トキメキ ワクワクは生きる気力に繋がります。

施設によっては利用者様に来客時の案内係をお任せしたり、決められた役割を果たす事で満足度に繋げています。

 

高齢者だから と一括りにしない。

 

承認欲求 自己重要感

 

物質至上主義からシフトする先には

『嬉しい』『美味しい』『楽しい』『幸せ』

 

メンタルを満たす重要性

 

高齢になる程ウェイトを占めるのは

物よりも 目に見えないモノ

 

 

あまり書くと怒られそうなので、今日はこの辺で。