先日 普段 入浴もお食事もされない方が、椿で初めて入浴と お食事も召し上がって下さいる という事がありました。

 

椿はしっかりした優しい女性staffばかりですが、やはり慣れない環境で 知らない他人ばかりに囲まれて 入浴だ 食事だと いうことは 難しい方もおられ。

 

タイミングや その方のリズムもあり。

 

 

しかしデイサービスの役割として、利用者様に日中 しっかりと活動して頂き 夜にはぐっすりお休み頂く

= 生活リズムを正す という使命があり。

 

人間 まず『出す』

出さないと 詰まった状態でいくら良いものを入れても吸収できません。

 

浅い呼吸では血液中の酸素が不足し 様々な病の原因になることもあるように、大切なのは

 

深く吐く

吐き切る

=出し切ること。

 

 

高齢になるほど 日中の排泄管理は大切になります。

日中にしっかりとすることで 夜中 起きずに済む。

ご本人様の負担も 介護をする方の負担も減る

その重要性をstaffは知っていて、日中 何度もお声がけをしたそうで

 

 

 

 

ご家族様は 泣いて喜んでくださった

 

 

 

 

きっとその日の夜は ご本人様も ご家族様も 一度も起きることなく ぐっすりと眠られたのだろうかと思いを寄せながら

 

 

独居の方 体の不調が不安で一人で入浴が長い間出来ず 椿に来てくださり 久しぶりに心ゆくまで入浴出来たと 泣いて喜ばれたこととか

 

利用者様のお話に都度 手を止めて 目をしっかりと合わせ うなづきながら丁寧に対応するstaffの姿だとか

 

 

重度の方の対応も万全 「あの人がいると安心」とstaff間で信頼の厚いstaffさんが一人ではなく いる事だとか

 

 

目立たないけれど 目の前のお仕事を一生懸命 真剣にしてくれる人がたくさんいるお陰様で やっていけていること

 

 

 

多分 介護職の方は当たり前にされていて

利用者様お一人お一人が現場で体感してくださる事で

Blogで「こんなことがありました」と

簡単に文字にしてしまう類の事でなく

 

 

椿を選んで下さる方々が それを知ってくださっている

 

 

 

日々の椿の カメラには納められないところでおこっている 数え切れない出来事に

 

 

 

 

 

感謝