寒くなると、ついお部屋にこもって置物のごとく。

 

 

動かないと 代謝が落ちて ますます体温が下がります。

 

 

 

「だって寒いやん。」

「足も痛いやん。」

「動きたないやん。」

 

 

 

そんな時には風船バレー。

これが以外と腕や手 指 えいっと体を動かしますので、

なかなかな運動になりますの。

 

某高齢者施設さんのBlogで、拘縮予防の機能訓練をなかなかしてくださらない方が

風船バレーだと機能訓練と同じ動きなのに、知らずに喜んでして下さると書いておられました。

 

皆さんでやるので、「自分が落っことしたらあかん!」と頑張れちゃいますもの。

集団ですると、こういうメリットもありますね。

 

椿でも時々 風船バレーを行います。

バリアフリーの運動科目としても人気の高い風船バレー、

個人の運動能力の差を特に気にせずとも皆で一緒に出来ますし、

個人戦やチーム戦をして競っても楽しいですね。

 

トーナメント戦だったら優勝商品が出るかも?!

 

 

 

運動

バレー

 

 

そして やはり少しでも歩く努力を。

ふくらはぎは第二の心臓、

動かすことでポンプの役目をし、血液を身体中に巡らせてくれます。

 

 

椿では優しい看護士さん達がお手伝いしてくれます。

運動2

 

「ゆっくり ゆっくり

ご自分のペースで大丈夫ですよ」

 

 

毎日の継続 大切ですよね。

高齢者の寝たきりになる大きな原因は転倒によるもの。

一生自分で動かせる身体を目指して、ご一緒に日々努力しましょう!