椿始まって以来、初めての『お笑い』の方がやってきてくださいましたよ!

「ふくふく亭小梅」さん。

 

 

福々しいお名前です。

お名前から楽しそうです。

 

 

 

思ったよりも早い日程でお越し頂けることになり、

赤いお座布団ない! とか

 

(スタンディングでしてくださいました。)

 

緑と橙と黒のシマシマどうするか! とか

 

(定式幕(じょうしきまく) というそうです。)

 

お名前めくるアレ! とか

 

(めくり というそうです。)

 

 

 

「CDデッキがあれば結構です〜」と。

 

 

颯爽とやってきてくださいました。

 

 

 

 

まずは当日の様子を

 

DSCN0467

小道具もご持参くださり、

本当の舞台小屋のよう!

 

 

DSCN0468

さすがプロは声の出方から違いますね。

マイクいらずの声量で

皆様 大爆笑

 

 

DSCN0469

終始笑いっぱなしの方もおられ、

楽しい雰囲気の中、

初めてのお笑いライブは幕を閉じました。

 

 

その後のお三時も一緒にテーブルを囲んでくださり、

楽しい話題で皆様 大喜び。

お帰りになられた後も「楽しかったね〜」

「久しぶりにあんなに笑った〜」と。

 

 

体一つで人を楽しませることができるって

やー 凄いことですね。

NK細胞も大活性です。

 

NK細胞は皆様ご存知のように脳の働きを活性したり、血行促進などの働きをしてくれますが、

他にも『笑う』ことで脳内ホルモンであるエンドルフィンが分泌され幸福感をもたらしたり、

モルヒネの数倍の鎮静作用で痛みを軽減するんだそう!

 

「痛い 痛い」と痛いところにコミットするのでなく、自分を笑わせる何かを知っていると良いですね。

 

 

笑える映画とか

笑える写真とか

 

 

 

小梅さんが仰っていたように、『笑い』はお薬と違って副作用もありません。

誰かが笑っていると、周りも嬉しいですものね。

昨日もスーパーで爆笑しながらこちらに歩いてくる推定2歳児(赤の他人)に癒されました。

 

 

『笑いは万人に効くお薬』ってことでしょうか!

 

 

大学で講師もしておられる小梅さん、

ご多忙の中を本当にありがとうございました。

今後も素敵なご縁が続くことを願って。