「あら J様 嬉しそうですね

どうされました?」

 

「ウフフ

今日はね

誰でも上手に絵が描ける方法で

パステルアートを作るんですって。

楽しみだわ〜♪」

 

え〜まさか

そんな魔法のような…

 

 

そんな…

 

 

「出来ますよ」

 

あら 先生

 

 

こちらの先生

椿staff Fさんなんですが

パステルアートの講師でもあるんです

 

利用者様も多才な方が多いのですが、

staffさんも 色んな趣味特技をお持ちの方が多いのです。

羨ましいな〜✨

 

「この魔法のプレートを こうして ですね」

「フムフム」

 

 

魔法のプレート!!

 

「これ 初めて使うなあ 面白い」

手先のとっても器用なT様

集中しておられますが

目がキラキラと✨

「T様、楽しそうですね♪」

「うん、楽しいよ♪」

 

 

ワクワクしている人のワクワクって

ワクワク音が聞こえてきます。

 

 

ワクワク

ワクワク

 

 

アート色が色濃くなってきた 最近の椿、

新しい風が びゅうびゅうと吹いております✨

 

 

 

最近知ったのですが

臨床美術士という専門職があるそうで

 

創作活動を行うことにより脳が活性化し

認知症の症状が改善されることを 目的としており

 

創作活動を通じて脳の働きを活性化させることが、

高齢者 の認知症ケアに役立つのではないかと…という発想から、

故・金子健二(彫刻家 1948~2007)等の手によって、 臨床美術は誕生したんですって。

 

『作品の優劣を競うのではなく、ともに生きる芸術をモットーとし、

基本は対象を五感をもって感じとり、その印象や気持ち、その感情を、

色彩を豊富 に使って思い切って表現すること』

 

 

自分の中のものを 表現しきれたら どんなに素敵でしょうか