「昔々



長命寺の門番をしていた山本新六という者がおりました。」





「その新六さん、


桜の季節は落ち葉の掃除に手を焼いたそうで」






「ふと思いついて桜の葉を塩漬けにいたしまして、



薄い皮で餡を包んだものに巻いて売ったところ」







「それは 大変な売れ行きだったそうな🗻」











以上 


桜餅誕生の物語でございました














  元ネタは東京 向島  


日本初の桜餅発案のお店様のhpより


チラと 拝借しました







歴史と共に在り続ける って 素敵









ケーキやクッキーも良いけれど




日本の四季を五感で味わえる




季節の和菓子











 美味しくて美しい和菓子




大満足の一日でした





🍵