先日の『桜図』に続き 今回は『枝垂れ桜のタペストリー』








様々な濃淡の桜色が 黒地に映えて







流れ落ちてくるような桜が 上手く表現されていますよね








デイサロン椿は 3月にして 桜が満開です🌸














そして ここでクイズをひとつ!







今回 タペストリー作りに使用した道具なんですが






これはなんでしょう






(昔 テレビ番組でありました





物の一部をクローズアップして 物品名を当てるクイズ







結構 難しかった記憶があるんですが






もうないのかな?)







あ  







そちらの貴方! 正解です







正解は『ペットボトルの底』 










今回のしだれ桜は ペットボトルの底にアクリル絵の具をつけ





桜の花に見立てて押していったんですって












アイディア!



















「桜」という名称は



古事記や日本書紀では天孫降臨した天照大御神の孫・



邇邇芸命(ににぎのみこと)に求婚される美しき木花咲耶姫(このはなさくやひめ)が



はかなく散るものの象徴(=桜の花)として書かれており



「咲耶」から転じたという説があるそうで










民俗学においては




田の神を意味する「さ」と神の御座の「くら」が結びついたという説があり




満開の桜には田の神が宿り




田植えから収穫まで見守ってくれるありがたい存在として




農耕民から崇められていたのですって












雑誌 和楽さんのwebページに学ばせて頂きました






















神話





見立て





八百万の神




















日本は面白いなあ