緊急事態宣言対象区域(特定警戒都道府県)


の指定が解除され



お休みされていた利用者様方のほとんどが



再びご利用くださっています









皆様の元気なお顔を拝見出来る事は、




大変 嬉しく 有難い事です
















自宅に篭りきりの生活は



ご自身で入浴や運動などが出来ないご高齢者様にとって



大変な期間でした












身体がまた 思うように動かなくなったり




認知症状が進んだり




なんだか具合が悪かったり










やはり人間は 


『動く』 


ように出来ているんだなあと感じます











動かない だけで



『廃用症候群』という病もあり










動かない という事は




血流が滞る








血流が滞ると




あちこち 不具合が生じてくる












少し前まで 健康のカギは『腸』と思っていたのですが






『血流』も とてもとても大事













何せ 私たちの体内では 血液の循環によって





全身の細胞に酸素と栄養が運ばれている











生活習慣の乱れや冷えなどによって血流が滞ってしまうと




体の隅々まで酸素と栄養が十分に運ばれない











 それにより 不具合が生じる










うん 納得














健康を損なって 痛感しますが




動けなくなってからでは 遅いです




健康が損なわれてからでは 遅いんです





認知症になってからでは 遅いんです













病気になったら 医者任せ ではなく







自分の健康は 出来るだけ 自分で守る








 備蓄と同じ







何かがあって スーパーに殺到するのではなく






常に備える(=予防)














あとは シンプルだけれど 日々の生活の中で





自分に備わった機能 全てを




 なるべく満遍なく 




生かして(動かして)あげる事かなあと

















身体 五感 感情 脳



















ぜひ 今お持ちの それぞれの健やかさを大切に








今 この瞬間から 積極的に動きましょう!



















運も 動く事によって 良くなる らしいですよ!

(運が動く→ 『運動』 って 書きますし ね!)

















要支援 要介護 人の手が必要な方は






必要なサービスをきちんと利用して






今ある健やかさを維持 向上してくださいね



























『椿が利用者様に出来ること』 を





今 改めて 考えています